Home > スポンサー広告 > CODEC(コーデック)とは

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Loading

Comments: -

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://xvidcodec.blog24.fc2.com/tb.php/6-c2331e76
この記事にトラックバックする
スポンサーサイト from 動画編集・変換・再生の備忘録

Home > スポンサー広告 > CODEC(コーデック)とは

Home > 動画の基本 > CODEC(コーデック)とは

CODEC(コーデック)とは

CODEC(コーデック)とは

CODEC(コーデック)とは動画ファイルや音声ファイルのCOmpression(圧縮)/DECompression(伸張)に必要なプログラムでCOmpression(圧縮)とDECompression(伸張)を略してCODECと呼ばれています。

コーデックには映像のコーデックと音声のコーデックがあり、映像データは映像のコーデックで圧縮され、音声データは音声のコーデックで圧縮されています。そのため、動画を再生する時は映像を圧縮したコーデックと、音声を圧縮したコーデックの二つのコーデックが必要になります。

圧縮に使われたコーデックが二つとも入っていないパソコンで動画を再生すると、「全く再生できない」状態になり、どちらか片方が入っているパソコンで動画を再生すると「音声だけ再生される」もしくは「映像だけが再生される」といった症状になります。

コンテナとコーデック

動画ファイルには映像データと音声データが入っていますが、このように色々な種類のデータを格納できるファイルはコンテナファイルと言い、任意のコーデックでエンコードされた映像や音声のデータを格納することができます。代表的なコンテナにAVIコンテナがあります。

例えばAVIコンテナの場合、拡張子は.aviと決まってますが、格納するデータは任意のコーデックでエンコードされているため、同じ拡張子でも格納されているデータのコーデックが違うという事が起こります。

container_avi.gif

このようにコーデックを自由に組み合わせて動画は作られているので、拡張子が同じ.aviの動画ファイルでも再生できる場合と、再生できない場合があるのです。再生できない場合は、対応したコーデックがインストールされていないので対応したコーデックをインストールする必要があります。

コンテナにはAVIコンテナ以外にも、さまざまなコンテナがあり、コンテナの種類によって格納できるデータの種類が違います。

Loading

Comments: 0

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://xvidcodec.blog24.fc2.com/tb.php/6-c2331e76
この記事にトラックバックする
CODEC(コーデック)とは from 動画編集・変換・再生の備忘録

Home > 動画の基本 > CODEC(コーデック)とは

Tag Cloud
Links
Feeds
Archives

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。