Home > スポンサー広告 > AviUtlに拡張x264出力(GUI)導入

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Loading

Comments: -

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://xvidcodec.blog24.fc2.com/tb.php/139-155e7338
この記事にトラックバックする
スポンサーサイト from 動画編集・変換・再生の備忘録

Home > スポンサー広告 > AviUtlに拡張x264出力(GUI)導入

Home > AviUtl > AviUtlに拡張x264出力(GUI)導入

AviUtlに拡張x264出力(GUI)導入

  • Posted by: EPI
  • 2010-10-10 Sun
  • Category: AviUtl

環境
Windows XP Professional Service Pack 3
AviUtl 0.99i8

拡張 x264 出力(GUI)のダウンロード

ダウンロードは下記のリンク先から出来ます

追記(10/10/10):長いことダウンしてるのでミラー先を追記しておきます。

ミラー2の拡張 x264 出力(GUI)は最新ですが暫定版です。

追記(2010/10/28):拡張x264出力(GUI)の開発が受け継がれた模様

拡張 x264 出力(GUI)のインストール前に

拡張 x264 出力(GUI)を使うには以下のコンポーネントが必要です。

音声のエンコードに必要なNero Digital Audioをダウンロードします。

ダウンロードしたファイルを解凍して出てきた[Win32]フォルダ内のneroAacEnc.exeを任意の場所へ移動させる。後でパスを指定するので分かりやすい場所に移動させる。特にこだわりがなければaviutl.exeと同じ場所に置くと分かりやすくて良い。

「解凍」の意味がわからない方は圧縮解凍ソフトについてをお読みください。

拡張 x264 出力(GUI)のインストール

  1. リンク先よりファイルをダウンロード
  2. ダウンロードしたファイルを解凍
  3. 解凍したファイルの中にある x264gui.auoとx264gui.ini をAviutlのフォルダに入れる。
  4. aviutl.exeを起動させ[その他] [出力プラグイン情報] とクリック
  5. 出力プラグイン情報に拡張 x264 出力(GUI)が表示されているのを確認
  6. [プラグイン出力]を選択できるようにする為、適当な動画を読み込む
  7. [ファイル][プラグイン出力][拡張x264出力(GUI)][ビデオ圧縮]とクリック
  8. 用意したNero Digital Audioのパスを指定する x264_gui_01.gif
  9. 必要ならMP4BOXなども入れておく
Loading

Comments: 0

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://xvidcodec.blog24.fc2.com/tb.php/139-155e7338
この記事にトラックバックする
AviUtlに拡張x264出力(GUI)導入 from 動画編集・変換・再生の備忘録

Home > AviUtl > AviUtlに拡張x264出力(GUI)導入

Tag Cloud
Links
Feeds
Archives

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。