Home > スポンサー広告 > WMP11+QuickTime Alternativeでmov再生

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Loading

Comments: -

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://xvidcodec.blog24.fc2.com/tb.php/121-912d54e3
この記事にトラックバックする
スポンサーサイト from 動画編集・変換・再生の備忘録

Home > スポンサー広告 > WMP11+QuickTime Alternativeでmov再生

Home > WMP11 > WMP11+QuickTime Alternativeでmov再生

WMP11+QuickTime Alternativeでmov再生

  • Posted by: EPI
  • 2009-07-12 Sun
  • Category: WMP11

WMP11+QuickTime Alternativeでmov再生

環境
Windows XP Professional Service Pack 3
Windows Media Player 11
Combined Community Codec Pack 導入済み
ダウンロード
QuickTime Alternative 1.81
QuickTime Alternative 2.90 (最新版)

概要

WMP.movなどを再生するには「QuickTime DirectShow filters」が必要だが、最新版のQuickTime AlternativeにはQuickTime DirectShow filtersが含まれていない。Changelogを読むと1.8.1 to 1.9.0にRemoved DirectShow filtersと書かれているので、1.81まではDirectShow filtersが含まれていることになる。よって、1.81をインストールすればWMPで.movなどの再生が可能となる。

QuickTime Alternative1.81のインストールだけでWMPで再生可能になるが、ベースコンポーネントやブラウザプラグインが古い状態なので、最新版のQuickTime Alternativeをかぶせた。


追記(10/08/03):Codec GuideからAlternativeが消えた

QuickTime Alternativeのダウンロード

下記のリンク先からQuickTime Alternative1.81と最新版をそれぞれダウンロードします。

009.gif 008.gif

QuickTime Alternativeのインストール

ダウンロードしたquicktimealt181.exeを実行します。

011.gif

今回は「Player」はいらないのでチェックを外します。

012.gif

WMPに.mov/.qtを関連付ける設定なのでチェックします。

最後までインストールを完了させます。

次にquicktimealt290.exeを実行し上書きします。

013.gif

今回は「Media Player Classic」はいらないのでチェックを外します。

これでWMP11で.mov/.qtなどの再生ができるようになります。

Loading

Comments: 0

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://xvidcodec.blog24.fc2.com/tb.php/121-912d54e3
この記事にトラックバックする
WMP11+QuickTime Alternativeでmov再生 from 動画編集・変換・再生の備忘録

Home > WMP11 > WMP11+QuickTime Alternativeでmov再生

Tag Cloud
Links
Feeds
Archives

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。