Home > スポンサー広告 > AviUtlにWMVを読み込む

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Loading

Comments: -

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://xvidcodec.blog24.fc2.com/tb.php/112-3b54da16
この記事にトラックバックする
スポンサーサイト from 動画編集・変換・再生の備忘録

Home > スポンサー広告 > AviUtlにWMVを読み込む

Home > AviUtl > AviUtlにWMVを読み込む

AviUtlにWMVを読み込む

  • Posted by: EPI
  • 2008-10-24 Fri
  • Category: AviUtl

AviUtlにWMVを読み込むには

AviUtlにWMVを読み込むには「DirectShow File Reader」というプラグインを使う必要があります。DirectShow File Readerを入れるとメディアプレーヤーで再生できるファイルを基本的には読み込む事が可能になります。(GOMの様に内部コーデックで再生している場合は除く)

ダウンロードは下記のリンク先から出来ます

DirectShow File Readerのインストール

  1. リンク先よりファイルをダウンロード
  2. ダウンロードしたファイルを解凍
  3. 解凍したファイルからds_input.auiとds_input.iniをAviUtlのフォルダに移動
  4. aviutl.exeを起動させ[その他] [入力プラグイン情報] とクリック
  5. 入力プラグイン情報にDirectShow File Readerが表示されていれば成功です。

「解凍」の意味がわからない方は圧縮解凍ソフトについてをお読みください。

注意

プラグインの適用後に[ファイル] [環境設定] [入力プラグイン優先度の設定] と開き、入力プラグイン優先度の設定でDirectShow File Readerを一番下に設定してください。他の入力プラグインを追加した場合も、DirectShow File Readerは一番下にしてください。

DirectShow File Readerは様々な形式のファイルを読み込めるのですが不安定なので、他に専用の入力プラグインがある場合はそちらを優先して、DirectShow File Readerは最後の適用させるのが無難です。

DirectShow File Reader経由でファイルを読み込んだ場合、音がおかしくなる事が多々あります。特にWMVは高確率で音がおかしくなります。対処法は「音声をWAV出力して音声読み込み」か、「面倒くさいのでWMVの編集だけは他のソフトに任せる」(もはや対処じゃ無い)です。

Loading

Comments: 0

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://xvidcodec.blog24.fc2.com/tb.php/112-3b54da16
この記事にトラックバックする
AviUtlにWMVを読み込む from 動画編集・変換・再生の備忘録

Home > AviUtl > AviUtlにWMVを読み込む

Tag Cloud
Links
Feeds
Archives

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。