Home > スポンサー広告 > AviUtlのインストール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Loading

Comments: -

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://xvidcodec.blog24.fc2.com/tb.php/111-6abff55a
この記事にトラックバックする
スポンサーサイト from 動画編集・変換・再生の備忘録

Home > スポンサー広告 > AviUtlのインストール

Home > AviUtl > AviUtlのインストール

AviUtlのインストール

  • Posted by: EPI
  • 2008-10-23 Thu
  • Category: AviUtl

AviUtlとは

基本的にはAVI用の動画編集ツールですが、プラグインを入れることで様々な形式の動画ファイルの編集と、各種codecを使った圧縮出力が出来ます。

動作環境:WinXP、VistaでMMX(任意でSSE,SSE2)が使えるCPUが必要です。

ダウンロードは下記のリンク先から出来ます

MMX,SSE,SSE2が使える環境か調べる

CPUがMMX,SSE,SSE2を使えるか調べるためには、フリーソフトの「CPU-Z」をダウンロードして実行するのが一番確実だと思います。実行するとCPUタブのInstructionsの項目に使える場合は表示されます。

調べるためだけにソフトを入れるのが嫌な方は、Googleで「CPUの名前+MMX|SSE|SSE2」で検索してみてください。情報があるかもしれません

インストール

  1. AviUtlのお部屋から最新版のファイルをダウンロード
  2. ダウンロードしたファイルを解凍ソフトを使い解凍します。
  3. 解凍したファイルを任意の場所に移動させます。※1

※1 日本語やスペースが入らない場所に置く事をオススメします。

「解凍」の意味がわからない方は圧縮解凍ソフトについてをお読みください。

環境設定

  1. [ファイル] [環境設定] [システムの設定] を選択。
  2. [最大画像サイズ] は編集したいファイルより大きく設定
  3. [最大フレーム数] は長時間の動画を編集する場合は大きめに設定
  4. あとは基本的にデフォルトのままで十分だと思います。

色々設定したい人は、aviutl.txtに説明があるので参考にしながら自分にあった環境を作ってください。

Loading

Comments: 0

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://xvidcodec.blog24.fc2.com/tb.php/111-6abff55a
この記事にトラックバックする
AviUtlのインストール from 動画編集・変換・再生の備忘録

Home > AviUtl > AviUtlのインストール

Tag Cloud
Links
Feeds
Archives

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。